スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近驚いたこと
最近自作の小説だの詩だのばっかで、このブログがゲーム日記だということを忘れそうです。
たまにはゲームの話題でも。

ラグナロクオンラインネタなので、分からない人はすいません。

私はWizを使う時はいつも魚を回復に使います。
魚は少量の回復しかしません。
しかし、Wizは死ぬ時はほとんど一瞬なので回復量はそれほど重要ではないと考えているのでこれで十分です。
何より安いですしね!(←これが一番重要だったり)
白ポーションは重いし、白スリムポーションは高いし。
なので、頭部下段装備はSSのように魚をくわえてます。
この装備は、魚での回復が上がると同時に、敵を倒した時に低確率ながら魚をDropします。

で、話はここから。
偵察でとある砦に来てたのですが、後で攻めるかもしれない事を考えて守護石だけ破壊しておこうと考えました。
これで戻ってくるかで、城主が砦をどのくらい重要視してるかも分かるしね~
守護石は普通に魔法が利くので、Wizでも破壊できるし。
SGで破壊するとポロっと魚が・・・(SSのチャット部分注目)
(;゚д゚)パ、パンダッテー
守護石ってMob扱いだったんですね・・・

screenlisa116_2

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

【2010/06/13 11:18】 | ラグナロクオンライン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
詩:【四季】
【四季】

初夏(はつなつ)の陽射し
緑の枝越し 煌く青空
手を引かれ 歩く畦道(あぜみち)

真夏の太陽
焼け付く アスファルト
水辺の木陰 麦藁帽

響く蜩(ヒグラシ)の声
深く赤く 燃える夕日
日々染まる 通学路

かじかむ指先
寄せ合い 暖を取る
音を吸い 広がる静寂

微睡(まどろ)む午後の陽気
芽吹く里山 緩む大気
静寂を破る 新たな鼓動

懐かしくも暖かい
もう戻ることはない
我が原風景

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/06/10 22:57】 | 創作:詩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
詩:【我思う、故に何もなし】
【我思う、故に何もなし】

I don't know world.
I don't know other.
and, I don't know me.


私は何故ここにいる
私はいつからここにいる

何が欲しいか分からない
何が必要かもわからない

ここにいるのは誰のため?
モノも無ければ アイも無い
冷え切ったこの世界に
何を見出せばいいのだろう

世界が私を拒絶する
他人が私を拒絶する
私が私を拒絶する
流れ込んでくる何かに
少しずつ侵される
私が私であることが
酷く難しく感じる


君は何故ここにいる
君はいつからここにいる

何を欲しているのか
何を必要としているのか

君はここで何をしている?
イギも無ければ ギリも無い
空漠としたこの世界に
君は何を見出すのだろう

世界が君を拒絶する
他人が君を拒絶する
私が君を拒絶する
何も心を満たさない
何も心を満たせない
なお立つ君の心は
理解しがたく感じる


私と君の狭間には
何かあるようでいて何も無い
君が君自身でいるならば
私は何でいればいい?

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/06/02 00:32】 | 創作:詩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
詩:【月下水煙】
【月下水煙】

散歩に出ましょう
月の光を受けて
満月から少し欠ける
今くらいの明かりがいい
力強く、けど少し優しい
そんな世界に包まれる


水面に写る月
鏡のようでいて
実は少しいびつ
私の心の揺らめきと
呼応するかのような波紋
見透かされた様な
そんな水面に惹かれる


踏み出した素足を撫でる
風が心地よく吹き過ぎる
冷たく、けどほんのり暖かい
流れ込んでくる水の世界
私の爪先から広がる波紋
静かに闇へと消えて行く
幻想を幻想として感じる時
世界はあるがままに
そこにある

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/05/30 15:46】 | 創作:詩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
詩:【君と歌う】
【君と歌う】

全てがこのままだと
信じていられたあの頃
君の隣には僕がいて
僕の隣には君がいた

狭い部屋に二人
背中合わせに本を読む
言葉は無くても
お互いを感じていた

触れた背中越しに伝わる
君の温もり 僕に届いていた
鼓動に乗って心の奥まで広がった
僕の想いへ溶けるように



いたずらに過ぎ去る日々
ふと気付く 消えた君の温もり
いつでもあの頃に戻れる
そう信じていた
愚かしいことだと気づきもせずに

信じあっていた
そう信じていた
でもそれは君に頼っていただけの
一方的な信頼だった
コレは僕の謝罪 そして感謝
君のために ただただ歌う
ありがとう

鼓動に乗せて歌うよ
この旋律 君に届くまで
風に乗ってどこまでも響くだろう
僕の想いと共に

永遠を信じた気持ちに偽りは無い
君を想った心に偽りは無い
今はただ君の幸せだけを願う


--------------------------------------------------
この詩は緑茶の音の「ふみこみどり」様ご使用です。

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/29 21:35】 | 創作:詩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。