FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
小説:Ambibarent ~二律背反~【プロローグ】
【Ambibarent ~二律背反~】

<プロローグ>

世界は平和に満ちている.
かつて世界が滅ぶほどの戦争があったことなど信じられないほどに.
しかし,かつての大戦が事実であったことを,世界の果て「ヘヴンズ・フォール」は如実に語っている.
大地と天を二つに裂き,常に暗雲と激しい雷光に包まれた黒い壁.
近付く事さえできない巨大な壁は,大戦末期に築かれた物であるらしい.
相対する二つの勢力を分断するために・・・

そのヘヴンズ・フォールには向かい合った神殿がある.
大戦以前は神が住んでいたと言われる神殿であるが,ヘヴンズ・フォールに近過ぎたため長い年月のうちに朽ちてしまった神殿.
そこに一つの神話が綴られている.
神殿の最奥の石版にはこう記されている.



アルヴァスと呼ばれるこの世界を二分し,我々は悪魔たちと戦った

悪魔たちは強く,我々は見る間に駆逐されていった

しかし,我等を率いる王が神に祈りを捧げると,神は我等の王に一振りの神剣を与え給うた

『レーヴァティン』

王がレーヴァティンを一振りすると,悪魔の軍勢は真っ二つに割れた

悪魔はその威力に慄き,出してはならぬ兵器を出した

『メノス・ギガス』

戦の始まりを告げ,神の眷属の住まいし神都の半分を焼いた悪夢の兵器

王はメノス・ギガスを破壊すべくレーヴァティンを大きく振った

しかし,悪魔たちも同時にメノス・ギガスを撃ち放った

レーヴァティンとメノス・ギガス,お互いの攻撃は拮抗し,二者の狭間でその威力を相乗させた

三日三晩拮抗し続けた力はついに弾け,その破壊力を持って世界を二つに分けた

我等の王はレーヴァティンと共に次元の狭間へ封印され

メノス・ギガスは分断された世界の何処かの狭間に落ちていった

戦は混沌とするかと思われたが,皮肉にも分断された世界が戦を収めるきっかけとなる

それぞれの世界に住み分けることで,戦は終わった

しかし,我等は忘れてはならぬ

悪魔は我等を滅ぼそうとしたのだ

その力を再び取り戻した時

悪魔は再び我等を殺すだろう
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/08 23:27】 | 創作:小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小説:Ambibarent ~二律背反~【キャラクター一覧】
【Ambibarent ~二律背反~】

キャラクター一覧

主人公クラス:
○エレーナ・エレンシス(女:17歳 エルドラド暦1023年10月3日生)
ヴェニス神教団 聖騎士
神の血を引く聖女を守護する緋色の騎士団に所属する聖騎士
イェリス専属の護衛官の一人
黒髪(長さは膝裏くらいだけど伸ばしてるのは後ろ髪だけ 普段は三つ編みにしている)・蒼眼
身長178cm 体重55Kg

敬虔なヴェニス神教団の信徒
温和な性格で面倒見がよく、後輩に慕われる
生真面目だが厳しいのは自分に対してのみ

身長が高いのを密かに気にしている(周りは気づいているが触れないでいる)
密かにビアシスを想っている



○リーン・アルサンシア(男:19歳 エルドラド暦1021年12月12日生)
ヴェニス神教団 法導士
神の血を引く聖女を守護する緋色の騎士団に所属する法導士
イェリス専属の護衛官の一人
赤茶髪・碧眼
身長171cm 体重60Kg

若手No1の法導士
自分の実力を過信している様子があるが、努力は惜しまない
かなりのわがまま
他者と自分をはっきり区別している
他人の面倒をよく見るエレーナを「利にもならん事を何やってんだか」と思っている



その他,準主人公クラス:
○イェリス・ウーナ・ドミトリウス(女:15歳 エルドラド暦1026年1月1日生)
神の血を引くと言われる聖女
ヴェニス神教団の信仰のシンボル
金髪(ストレートのロング)・緋眼
身長161cm 体重41Kg

慈悲深く慈愛に満ちた少女
聖女として自分が何をすべきか、常に模索している
エレーナを姉のように慕う

(と見せかけて、実は激しく外面が良いだけ
 心の中では悪言雑言罵倒しまくり
 作中では心の声としては出るけど、発言は絶対しないし、正体もばれない
 作中では発言と心の声が並んで表示される・・・・・
 家族も、エレーナさえもイェリスの真実の姿は知らない)



○ビアシス・オーレス(男:42歳 エルドラド暦999年3月21日生)
イェリス専属の護衛官の一人
銀髪・紫眼
身長194cm 体重91Kg

2年前まで緋色の騎士団の隊長をしていたが、イェリスの聖女正式就任を期に護衛官に転属された
(無理矢理隊長を退いて護衛官に転属した・・・)
イェリスの叔父にあたり、イェリスを目に入れても痛くないほど可愛がっている姪馬鹿
普段は紳士を絵に書いたような人物だが、イェリスの前では目尻が下がる・・・
自身は未婚で結婚暦もない
滅茶苦茶かっこいいおじ様でもの凄くもてるのに、何故か結婚だけは拒否し続けて今に至る



○アイリス・ドミトリウス(女:41歳 エルドラド暦1000年1月1日生)
イェリスの母親で 先代聖女
金髪・緋眼
身長158cm 体重40Kg

2年前にイェリスと聖女の代替わりを行う
それ以来神殿の片隅にある離宮で静かに暮らしている
夫であるアルバリス(ビアシスの兄)は10年前に事故死している
イェリスとは違い?内面も完璧な聖女

産まれた時は黒髪・黒目だったのだが、13歳の誕生日に突然金髪・緋眼に変化した
かつて世界の頂にいたとされる神が金髪・緋眼だったことから、聖女として崇められるようになる
父はジルニァの親友だったが、アイリスを巡る教団との確執から妻と共に暗殺される



○リーリス・ドミトリウス(女:16歳 エルドラド暦1025年7月1日生)
イェリスの姉
銀髪・碧眼
身長166cm 体重44Kg

アイリスと共に神殿の離宮で暮らしている
非常に聡明で多方面の知識を有している
神殿の魔動機開発研究所第3研究室主任を務める
イェリスのブレーンを自任している



○ジルニァ・アイオーン(男:73歳 エルドラド暦977年11月30日生)
ヴェニス神教団の第214代目教皇
白(茶)髪・茶眼
身長172cm 体重60Kg

聖騎士出身の教皇
若い頃はありえない無茶をしていたらしい
28年前、腐敗した教団を粛清し、現在の形に作り変えた人物
年老いた今でも教団内で三本の指に入るほどの剣豪
また、法術・魔術にも優れ、こと"戦い"においては現在でもぶっちぎりの最強
質実剛健を旨とする

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2010/03/08 23:25】 | 創作:小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。